メイクアップ・アーティストが語る『007/スペクター』

The Hollywood Reporter(2015年10月5日付)は、『007/スペクター』のメイクアップ・アーティスト、ナオミ・ダンとのインタビューを掲載しています。

007映画4作に参加しているというナオミ・ダン。『007/スペクター』ではまず台本を読むことから仕事が始まり、その後はサム・メンデス監督とキャラクターについて話し合い、俳優からは彼らがどのように役を作り上げたいのかを訊き出すのだそうです。そしてライティング、セット、衣装に合わせる為のカメラ・テストを行い、最終的にメイクが決まるまでに6週間前後かかるとのことです。

『007/スペクター』ロケ地のメキシコでは、イギリスと現地のメイクアップ・アーティストら120人が参加。1,500人のエキストラのメイクを2時間半で終わらせたのだとか。

また、レア・セドゥのメイクは、監督の意向もあり、職場のシーンやドレスアップした場面以外は全体的にナチュラルなものに仕上げているそうです。