サム・メンデス監督 『007/スペクター』は試写後にかなり変更

BBC Radio 5 live は2015年10月23日、『007/スペクター』のサム・メンデス監督にインタビューしています。

『007/スペクター』では事前にモニター試写を2度実施。一人ひとりから映画の内容について感想を聞き取り、ストーリーが理解できたか等の質問もしたのだそうです。その結果、編集を行い重要な変更を加えたことを明らかにしました。また、メディアのレビューは以前と違って一切読まなくなったとのことですが、『007/スカイフォール』公開時にはロンドンの BFI IMAX に座り、観客の反応をうかがっていたそうです。

ダニエル・クレイグが負傷した際は、一週間撮影がストップ。その間、メンデス監督は息子を連れて旅行に出ていたとのこと。

また、『007/スペクター』が「完成」したのは10月17日(メディア試写の4日前、プレミアの9日前)。最終日の17日は、アフレコ作業を行っていたそうです。