『007/スペクター』興収 全米1位で初登場

The Hollywood Reporter(2015年11月8日付)によると、映画007シリーズ最新第24作『007/スペクター』の北米興行収入が初登場でNo.1となりました。

『007/スペクター』は11月6日(金)にアメリカとカナダでリリース。初週(5日夜の先行上映分と6日・7日・8日の週末3日間)の興収は7300万ドル(発表の時点で集計が完了していない為、予測値)となりました。このオープニング週末興収は、前作『007/スカイフォール』(2012)の8840万ドルに続くシリーズ歴代第2位の成績。なお、『007/スカイフォール』封切り時は競合する大作映画がなかった為、『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』と同日公開の『007/スペクター』の興収額は順当なものと見られています。

また、海外市場(アメリカとカナダ以外)では、10月26日のイギリスを皮切りに76カ国/地域で公開が始まっており、全域で週末興収トップを記録。現時点での世界興収合計は3億ドルに到達しました。