『007/スペクター』の爆発シーンがギネス世界記録に

映画007シリーズ公式サイト 007.comGuinness World Records(共に2015年11月10日付)によると、映画『007/スペクター』の爆発シーンがギネス世界記録として認定されました。

「映画史上最大規模の爆破シーン」となったのは、モロッコのエルフードで2015年6月29日に撮影されたもの。灯油8,418リットルと爆薬33キロを使用し、TNT火薬68.47トンに相当する爆発が作り上げられたそうです。この記録が与えられたスタッフは『007/スペクター』で特殊効果とミニチュア撮影のスーパーバイザーを担当しているクリス・コーボールド。プロデューサーのバーバラ・ブロッコリ、ジェームズ・ボンド役ダニエル・クレイグ、マドレーヌ・スワン役レア・セドゥらがコーボールドの代理として11月10日、認定証を受け取ったとのことです。