『007/スペクター』興収 2週連続で全米1位

ソニー・ピクチャーズの発表(2015年11月16日付)によると、映画007シリーズ最新作『007/スペクター』興行収入は、アメリカと海外市場で好成績を収めています。

『007/スペクター』はアメリカで11月6日にリリース。公開第1週に続き、第2週も全米1位の座を獲得。11月16日の発表時点で累計興収は1億3070万ドルとなりました。また、海外では3週連続で週末トップの成績を収めており、累計の興収が4億1310万ドル。北米及び海外市場の合計額では5億4380万ドルとなっています。