『007/スペクター』ロンドン・ロケ地情報#5 カムデンタウン

『007/スペクター』でM(レイフ・ファインズ)からメディカル・チェックを受けるよう指示されたジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)。翌日、ボンドはタナー(ロリー・キニア)の案内でスピードボートに乗ってQ(ベン・ウィショー)のラボ/作業場へと向かいます。

ラボ入口のドックはテムズ川本流から入った所のように見えますが、実際のロケ地はカムデンタウンを流れる運河(Regent’s Canal)に面したステイブルズ・マーケットにある建物の地下で、「ホリデイ・イン・ロンドン・カムデンロック」裏手。本編では、CGを用いてテムズ川の背景とドックのある地下周辺をうまくマッチさせました。この建物はかつて倉庫として使われていましたが、現在ではメディア企業AP通信社のオフィス。同社は建物内から撮影したロケ映像を公開しています。

なお、『007/スペクター』で猫を飼っている設定のQ。スタッフの話では、ラボには猫トイレが置いてあるのだそうです。

『007/スペクター』ロンドン・ロケ地 - カムデンタウン(Qラボの入口)
『007/スペクター』ロンドン・ロケ地 – カムデンタウン(Qラボの入口)

『007/スペクター』ロンドン・ロケ地 - カムデンタウン(Qラボの入口)

『007/スペクター』ロンドン・ロケ地 - カムデンタウン(Qラボの入口)

『007/スペクター』ロンドン・ロケ地 - カムデンタウン(Qラボの入口)

参照
VisitBritain
Canal & River Trust
Associated Press
The Hollywood Reporter