ダニエル・クレイグはボンド役を続投 グレッグ・ウィルソン氏が語る

Daily Mail Online(2016年2月15日付)は、『007/スペクター』でアソシエイト・プロデューサーを務めたグレッグ・ウィルソン氏とのインタビュー映像を掲載しています。

2月16日からロンドンのクリスティーズで始まった『007/スペクター』オークションのプレビューでインタビューに応えたグレッグ・ウィルソン氏。007シリーズ次回作『Bond 25』について、ストーリーの構築はまだこれからだとコメント。また、ダニエル・クレイグはボンド役を続投するはずだ、とも発言しました。これは、ダニエル・クレイグがジェームズ・ボンド役を降板するとの噂を事実上打ち消すものです。

同氏は007シリーズのプロデューサー、マイケル・G・ウィルソン氏の子息。いずれ父親の跡を継ぎ、バーバラ・ブロッコリ氏と共にイオン・プロダクションを率いて007シリーズを制作していくと思われます。

なお、『007/スペクター』のオンライン・オークションは既に開催中。2月18日(日本時間翌朝)には、アストンマーティンDB10を含めたライブ・オークションがクリスティーズで開かれます。