マッツ・ミケルセン 『007/カジノ・ロワイヤル』オーディションの思い出を語る

Daily Express(2016年4月30日付)は、デンマーク俳優マッツ・ミケルセンとのインタビューを掲載しています。

映画007シリーズ第21作『007/カジノ・ロワイヤル』(2006)で悪役ル・シッフルを演じたマッツ・ミケルセン。そのル・シッフル役を決める最終オーディションには、タキシードを着用して臨んだそうです。会場では、既にボンド役として決まっていたダニエル・クレイグと初対面。クレイグもワンシーンに参加し、ミケルセンの相手をする予定だったそうですが、ボンド・ガールのキャスティングも同時進行しており、クレイグやマーティン・キャンベル監督らは多忙のため、結局ル・シッフルの最終オーディションは取りやめになったようです。

監督らは既にミケルセンと決めていたそうで、「ようこそ」と祝いの言葉をかけたたものの、ミケルセンは単にそれがオーディション参加を歓迎する意味だと思ったのだそう。そこで、監督は改めて「君に決まった」と言い直し。その時、ミケルセンの隣にはダニエル・クレイグが立っていて、「一体、誰と寝たんだ?」と冗談を言ってきたのだそうです。