トム・ヒドルストンの人気急上昇で英ブックメーカーが次期ボンド役の賭けを中断

Telegraph(2016年5月14日付)によると、イギリスのブックメーカー、Coralは5月14日、これまで開催していた時期ジェームズ・ボンド俳優を占う賭けの受付を中断したようです。

これは13日から14日にかけ、トム・ヒドルストンへの人気が急上昇したため。この間の倍率は3倍でしたが、ある高額の賭けが入ると最終的に1.5倍にまで到達しストップとなりました。Coral側は、「火の無いところに煙は立たない」とコメントしています。

トム・ヒドルストンがここまで注目を浴びているのは、5月11日にヒドルストンが、サム・メンデス監督やプロデューサーのバーバラ・ブロッコリと会って話をしたとの報道(Daily Mail OnlineMirror Online)が影響しているようです。 なお、ヒドルストンのスポークスマンはこの報道を否定した模様です。

ちなみに、中断直前の倍率は、エイダン・ターナー=4倍、トム・ハーディー=5倍、イドリス・エルバ=10倍、ダミアン・ルイス=15倍、となっていました。

なお、ヒドルストンがホテルのマネージャーからMI6エージェントに転身するテレビ・シリーズ『The Night Manager』は現在、アメリカで放送中。Daily Mail Online(5月15日付)によると、ヒドルストンの臀部丸見えの場面がカットされたことに怒った視聴者からのクレームを受け、ノーカット版の放送が急遽決定したそうです。