次期ジェームズ・ボンド役候補にジェイミー・ベルの噂

The Sun(2016年5月25日付)は、英国俳優ジェイミー・ベルと007プロデューサーであるバーバラ・ブロッコリの二人が、ダニエル・クレイグ降板後のボンド役就任について、非公式の話し合いをしたと伝えています。

バーバラ・ブロッコリの最新プロジェクトは、来週から撮影開始の映画『Film Stars Don’t Die In Liverpool』制作で、これにはジェイミー・ベルも出演予定。ブロッコリは『リトル・ダンサー』で映画デビューしたジェイミー・ベルの演技に以前から感銘を受けており、007シリーズのボンド以外の役にも検討したことがあるとのこと。

007シリーズ制作会社イオン・プロダクションのスポークスマンは「バーバラには普段から多くの俳優と話す機会があります。ボンド役については何も決まっていません」とコメントしたようです。

なお、ダニエル・クレイグが6800万ボンドのオファーを蹴ってボンド役降板を決意したとのタブロイド報道(Daily Mail Online, 5月19日付)が様々なニュースで取り上げられ、これを決定事項として扱う向きもある一方、BBCは信頼できる筋からの情報として、この報道内容を否定しています。


9/2 訂正:ブロッコリがジェイミー・ベルを「ボンド役にも検討していた」との記述を「007シリーズのボンド以外の役にも検討したことがある」に訂正しました。