『Bond 25』配給会社はソニーかワーナー? ダニエル・クレイグがスティーヴン・ソダーバーグ監督の『Logan Lucky』に出演交渉中

Deadline(2016年5月26日付)によると、ボンド俳優ダニエル・クレイグは現在、スティーヴン・ソダーバーグ監督の映画『Logan Lucky』に出演するための、最終的な交渉を行っているようです。

『Logan Lucky』は、アメリカのカー・レース「NASCAR」(ナスカー)を舞台に、犯罪を計画する兄弟の物語。正式発表はされていませんが、アダム・ドライバー、セス・マクファーレン、チャニング・テイタム、キャサリン・ハイグルらも出演する模様。

同作の撮影は今秋の開始予定。ダニエル・クレイグが抱えているプロジェクトは他に、テレビ・シリーズ『Purity』(全20話の可能性)、ニューヨークの舞台『Othello』(2016年12月頃開幕予定)などがあります。

また、MGMと各メジャー・スタジオとで行われる、今後の007映画配給会社を決めるための本格的交渉は、まだこれから先のことになる見通しで、今のところソニー・ピクチャーズとワーナー・ブラザースが有力候補の模様。ダニエル・クレイグが次回作『Bond 25』でジェームズ・ボンド役を続投するかは未だ不明です。


5/27 追記:NASCAR公式サイト(5月26日付)のプレスリリースによると、ダニエル・クレイグの出演は確定したようです。