サム・メンデス監督 007シリーズからの勇退を明言

The Guardian(AP、2016年5月28日付)によると、『007/スカイフォール』と『007/スペクター』で監督を務めたサム・メンデスが、007シリーズからの勇退を明らかにしたようです。

ウェールズで開催中の「Hey Festival」に5月28日、参加したサム・メンデス。聴衆に対し、007シリーズの監督を手がけることは「非常に素晴らしいアドベンチャー」だったとし、そのすべてが気に入っていると語りました。また同時に、後進に道を譲る時がきたようだともコメントしています。

メンデス監督は『007/スカイフォール』後に一旦、007シリーズからの降板を宣言。プレスリリースでもその旨が発表されました。しかし、プロデューサーやダニエル・クレイグがメンデス監督に熱烈なラブコール。メンデス監督が抱えていた他のプロジェクトを優先し、『007/スペクター』の制作開始を監督のスケジュールに合わせる条件まで出して、再登板の契約を取りつけていました。