ポール・ハギス 007シリーズへの復帰を希望

The Hollywood Reporter(2016年6月10日付)によると、脚本家のポール・ハギスは再び007映画を手がけたいと考えているようです。

『007/カジノ・ロワイヤル』(2006)と、続く『007/慰めの報酬』(2008)の2作で脚本を担当したポール・ハギスは同誌とのインタビューに応じ、かなりの自由裁量を与えられた『007/カジノ・ロワイヤル』での経験は非常に素晴らしいものだったことをコメント。ハギスの書いた台本をマーティン・キャンベル監督は変更しなかったとのことで、これは作家冥利に尽きるとし、キャンベル監督を高く評価しました。一方、『007/慰めの報酬』では脚本家協会のストライキが発生した為にその後の制作に関与できなかったことや、マーク・フォースター監督がリライトを決めたことについて、不満気です。

もう一度007映画をやりたいかとの問いには、「もちろん」と返答。ただし、今の007シリーズは良いライター達を抱えているとし、ハギスは自分の出る幕ではないと考えているようです。