ダニエル・クレイグがボンド役を降板 トム・ヒドルストンがオーディションに参加か

007 Magazine(2016年6月17日付)は、ダニエル・クレイグがジェームズ・ボンド役を降板したようだと伝えています。

同誌はさらに、以前から噂されていたトム・ヒドルストンが約1ヶ月前にパインウッド・スタジオでボンド役のスクリーン・テストを受け、プロデューサーのバーバラ・ブロッコリが彼にボンド役をオファー。ヒドルストンはオファーを受諾するか検討中の模様だ、と続けています。

なお、トム・ヒドルストンは6月7日にアメリカで参加したイベントでは、ボンド役就任を事実上否定していました。

007 Magazine は007ファンのグラハム・ライ氏が主宰。ライ氏は007シリーズの出演俳優やスタッフと長年に渡って深い関係を築き上げてきました。制作会社のイオン・プロダクション側とも直接のコネクションを持ち、007ファンの中では一目置かれる人物です。