ソニー・ピクチャーズのトム・ロスマン会長 MGMとの007シリーズ配給交渉は「未だ始まっていない」

The Hollywood Reporter(2016年6月23日付)は、ソニー・ピクチャーズ映画部門のトム・ロスマン会長とのインタビューを掲載しています。

この中で、007映画次回作配給について、MGMとの交渉の進捗状況を尋ねられたロスマン会長。007シリーズ配給の継続には強い興味を持っているとし、これまで4作を手がけた経験があることから、ソニーは同社の後釜を狙うライバル社に比べて有利な立場にあるとの考えを示しました。しかし、「交渉は未だ始まっていない」と明かしています。

なお、MGMは2016年3月の投資家との会談で、007シリーズ配給を希望しているメジャー各社とはすべて会ったと発言。その上で、配給会社決定は当面先になることを示唆しており、次回作『Bond 25』の公開は2018年か2019年を目指している模様です。

ソニーは当初、『007/カジノ・ロワイヤル』と『007/慰めの報酬』をMGMと共同で製作・配給。その後、契約を更新して『007/スカイフォール』、『007/スペクター』もリリース。この間、制作会社イオン・プロダクションとも良好な信頼関係を築き上げ、イオンが制作する非007映画である『チキ・チキ・バン・バン』(リメイク)、『Remote Control』、『No Place to Hide』の配給も全てソニーの担当になっていました。

しかし、ダニエル・クレイグの007シリーズをMGM・イオンと共に成功へ導いた立役者でロスマン会長の前任者エイミー・パスカル氏は2015年にソニー・ピクチャーズを去っており、最近ではパスカル氏の下で社長職を務めていたダグ・ベルグラッド氏の退任も決定するなど、MGMやイオン側との人的なコネクションが弱まっている可能性が。ソニーは希望通り007シリーズを取り戻すことができるのか、見通しは不透明です。