映画007シリーズのハイエンド・フィギュアが続々発売へ

イギリスの BIG Chief Studios は2016年9月13日、映画007シリーズに登場したキャラクターの精巧なフィギュアを制作すると発表しました。

第1弾として発売されるのは、シリーズ第3作『007/ゴールドフィンガー』(1964)のジェームズ・ボンド(ショーン・コネリー)、オーリック・ゴールドフィンガー(ゲルト・フレーベ)、オッドジョブ(ハロルド坂田)。

これ以降も、ボンド・ガールを含めた様々なキャラクターが順次フィギュア化される予定。発売日は未発表ですが、BIG Chief Studios や 007.com などを通じて購入可能とのことです。

なお、007シリーズのグローバル・ライセンス・エージェントは現在 IMG が担っているとのことで、今回の BIG Chief Studios とイオン・プロダクション(ダンジャック)との契約も IMG が橋渡しをしています。

また、007.com によると、フィギュアのスケールは1/6となっています。