ピアース・ブロスナン ヨーロッパ映画賞の名誉賞を受賞

Variety(2016年12月10日付)によると、12月10日、ポーランドで開催されたヨーロッパ映画賞(
European Film Awards)の授賞式で、ピアース・ブロスナンが名誉賞となる「European Achievement in World Cinema」を受賞しました。

この賞はこれまでの功績を讃えるもので、同賞のプレゼンターはブロスナン主演映画『愛さえあれば』を監督、007次回作監督候補との噂も流れたスサンネ・ビアが務めています。