本物のQは女性 MI6トップが明かす

The Guardian(2017年1月26日付)によると、MI6で現在「Q」を務めているのは女性なのだそうです。

イギリスの対外諜報機関MI6のトップで「C」(007シリーズでは「M」)と呼ばれているアレックス・ヤンガー氏は1月25日、ロンドンで開催された「Women in IT Awards」に参加。より多くの女性技術者がMI6で働くように促すスピーチをした中で、本物の「Q」が皆さんをお待ちしていると語った上で、この現実の「Q」は女性だ、と明かしたようです。

「Q」はジェームズ・ボンドらMI6のエージェントに秘密兵器を開発・提供する「Q課」の責任者として映画007シリーズに登場。現在のベン・ウィショーを含め、これまですべて男優がその役を演じてきました。1990年代には、現実のMI5(国内防諜機関)トップが女性だったことに影響を受け、女優であるジュディ・デンチが「M」を演じるようになりましたが、女性の「Q」も映画の世界に登場する日がくるかもしれません。