ショーン・コネリー 86歳にしてホールインワン

Page Six(2017年4月9日付)によると、86歳のショーン・コネリーは今でも元気にゴルフを楽しんでいるようです。

息子で俳優のジェイソン・コネリーが監督を務めた、実在の父子ゴルファーを描く映画『Tommy’s Honour』のニューヨーク・プレミアが4月12日に開催予定となっており、ジェイソンの話では、父ショーン・コネリーは出席しないそうですが、既にバハマで鑑賞しており大変気に入っているとのこと。

なお、ショーン・コネリーは元気に過ごしているそうで、ゴルフもプレイ。数週間前には人生で5、6度目となるホールインワンも達成したとのことです。

ショーン・コネリーは『007/ゴールドフィンガー』(1964)の撮影がきっかけでゴルフが趣味に。現在は俳優業を引退、『007/サンダーボール作戦』(1965)のロケ地となったバハマで暮らしています。