『Bond 25』監督候補にポール・マクギガン?

IndieWire(2017年5月1日付)によると、映画007シリーズ次回作『Bond 25』の監督候補として、ポール・マクギガンの名が挙がっているようです。

マクギガンの最新作はイオン・プロダクションのバーバラ・ブロッコリがプロデュースを手がける、アネット・ベニング主演『Film Stars Don’t Die in Liverpool』。IndieWireは「噂」だと前置きしながらも、ブロッコリらは同作でのマクギガンの仕事を気に入り、『Bond 25』の監督として検討していると伝えています。

ポール・マクギガンはスコットランド出身。映画『ラッキーナンバー7』(2006)やBBCのシリーズ『SHERLOCK(シャーロック)』の複数話を監督。以前のインタビューでは、007映画を監督するのは夢だとし、『007/カジノ・ロワイヤル』(2006)には最終候補者として残ったとも語っていました。