『007/黄金銃を持つ男』で回転ジャンプのAMCホーネット・ハッチバックが競売に

Auctions America は、映画『007/黄金銃を持つ男』の撮影で使用されたボンド・カーのAMCホーネットX・ハッチバックをオークションに出品します。期間は2017年8月31日から9月3日まで。予想落札価格帯は25万ドルから35万ドル。

『007/黄金銃を持つ男』(1974)では、敵のスカラマンガを追うジェームズ・ボンド(ロジャー・ムーア)がタイの川沿いにホーネットを運転。途中崩落した橋を物ともせず、360度回転しながら対岸へジャンプします。

360度回転(アストロ・スパイラル)ジャンプ・スタントの考案者はスタント・ドライバーのジェイ・ミリガン。1972年頃の実演で成功させた後、007映画での採用をイオン・プロダクションのプロデューサーへ提案。採用されたアストロ・スパイラルの技術は他の映画で使われないよう特許出願されました。

バンコック郊外でのスタント・シーン撮影の為に、コンピューターを利用。安全な回転ジャンプに必要な速度やスロープの傾斜角度などが緻密に計算されました。劇中でスタント・ドライバーを担当したのはローレン・“バンプス”・ウィラード。綿密な事前準備が功を奏し、撮影は最初のテイクで成功。映画で初のアストロ・スパイラル・ジャンプとして、ギネス記録に認められました。

撮影後、このホーネットはニューヨークにあるジェイ・ミリガンの会社へ送られ、ミリガンのコレクションの一部に。1回しかジャンプが行われなかった模様で、このスタント撮影で実際に使われたホーネットは今回出品されるものが唯一となります。