ロリー・キニア 『Bond 25』に出演できるか分からず

The Times(2017年10月17日付)は、ロリー・キニアとのインタビューを掲載しています。

ダニエル・クレイグ主演の『007/慰めの報酬』(2008)、『007/スカイフォール』(2012)、『007/スペクター』(2015)の3作にタナー役で連続出演しているロリー・キニア。

次回作『Bond 25』に出演するのか尋ねられたキニアの話では、007映画の契約は1作ずつ結んでいる様で、出演依頼の連絡が入るまでは、自分が次も出演できるのか分からないのだそう。この為、『Bond 25』もどうなるのか当人も知らないとのことです。しかし、007映画出演は「とても楽しい」と語り、続投への意欲を示した模様です。

今後のロリー・キニアは、10月18日から12月31日までの日程で、ロンドンの Bridge Theatre にて舞台『Young Marx』にカール・マルクス役で主演。2018年には National Theatre の『Macbeth』でもタイトル・ロールを演じる予定です。