クリストフ・ヴァルツ 『Bond 25』出演を否定

イタリアの映画サイト「Talky Movie」(2017年10月26日付)によると、クリストフ・ヴァルツは007次回作『Bond 25』に出演しないようです。

同サイトは、ローマ国際映画祭でレッドカーペットを歩くクリストフ・ヴァルツにインタビューを敢行。『007/スペクター』にブロフェルド役で出演したヴァルツが『Bond 25』に続投するのか尋ねると、本人は「ノー」と即答。非常に残念で出演したかったとしながらも、これは「伝統」であり、「新しい名前」が挙がっているとも語りました。

スペクター首領でボンドの宿敵であるブロフェルド。映画007シリーズでブロフェルドが顔を見せて登場するのは『007/スペクター』の他にも3作品ありますが、いずれも異なる俳優が演じました。

ヴァルツのコメント内容では、別の俳優が『Bond 25』でブロフェルドを演じることを示唆したのか、そもそもブロフェルドではない他のキャラクターが登場するという意味なのか、不明です。

なお、ヴァルツは『007/スペクター』公開前のインタビューで、ブロフェルド役出演を事実上否定していた過去があり、今回の発言も単なるメディア対策の可能性があるかもしれません。