『Bond 25』監督候補のポール・マクギガン 『007/カジノ・ロワイヤル』でも最終候補者だった

The Sunday Times(2017年11月5日付)はポール・マクギガン監督とのインタビューを掲載しています。

イオン・プロダクションのバーバラ・ブロッコリがプロデュースする映画『Film Stars Don’t Die in Liverpool』で監督を務めたポール・マクギガン。マクギガンは同作での仕事が高評価された様子で、007シリーズ次回作『Bond 25』の監督候補に。

「007映画を是非やりたい」と語るマクギガン。『007/カジノ・ロワイヤル』監督の選考では、最後まで残った二人のうちの一人だったそうです。その後の007映画でも毎作ブロッコリと話をしていたものの、スケジュールの都合で監督就任はできなかったとのこと。

『Bond 25』の監督について興味があるかを尋ねられたポール・マクギガンは、夢はまだ諦めていない、と語っています。