『Bond 25』のアメリカ配給はMGMに決定か

Deadline(2017年11月12日付)によると、MGMは映画007シリーズ次回作『Bond 25』をアメリカ国内で自ら配給するそうです。

MGMがアンナプルナ・ピクチャーズとの提携によって、国内配給を2018年から再開することは先日発表されていましたが、007映画の配給については後日の発表予定となっていました。

MGMとアンナプルナの007映画配給における提携は近日中に最終決定し発表される模様で、ダニエル・クレイグ主演4作で配給を行っていたソニー・ピクチャーズへは既に通知されたとのこと。

アンナプルナ・ピクチャーズは、MGMから007映画の配給担当者を、ソニー・ピクチャーズからは同マーケティング担当者をそれぞれ引き抜いており、彼らがアンナプルナでも007映画を手がける模様です。

007映画で劇場興収の7割を占めている海外配給については未だ決まっておらず、ワーナー、ソニー、ユニバーサルのメジャー3社がこの海外市場の権利を得ようと争っている最中とのこと。また、フォックスが担ってきたDVD&ブルーレイも他社に変更となる可能性があるそうです。