ヒュー・ジャックマン ボンド役辞退を説明

Variety(2017年12月5日付)は、ヒュー・ジャックマンとのインタビューを掲載しています。

『X-MEN』シリーズのウルヴァリン役を得た経緯などを明かしたジャックマンは、ジェームズ・ボンド役を断った理由についても語りました。

エージェントから電話が入り、ボンド役への興味の度合いを尋ねられたのは、『007/ダイ・アナザー・デイ』を最後にピアース・ブロスナンが引退した後。ジャックマンは、その頃の007映画は現実味を失ってクレイジーな筋書になっていると、感じていたそうです。

もっとリアルな映画にできないのかと訊いたところ、エージェントからは「意見できる立場にはなく黙ってサインするしかない」と言われたのだとか。

また、話があったのは『X-MEN2』の撮影間近で、ウルヴァリンとボンドの二役を演じる時間的余裕がなかったとも語っています。

ジャックマン辞退後、ダニエル・クレイグが6代目ジェームズ・ボンドとなり『007/カジノ・ロワイヤル』が作られましたが、その作風は過去よりもリアルに。続く作品もボンド俳優クレイグの意見が色濃く反映。皮肉にも、ジャックマンが思い描いたような007映画が実現することになりました。

なお、ジャックマンはボンド役辞退後、本気とも冗談とも受け取れる表現で、ボンド役がやりたい旨の発言を度々しています。