クリストファー・ノーランに『Bond 25』と『Bond 26』の噂

Reddit(2017年12月7日付)に、007シリーズ次回作『Bond 25』とそれに続く『Bond 26』に関する興味深い噂が投稿されています。

ニール・パーヴィス&ロバート・ウェイドの書いた『Bond 25』脚本はダニエル・クレイグの最後に相応しいもので、ヤン・ドマンジュの監督する公算が高いと見られていたようですが、契約はせず数ヶ月に渡って保留状態に。その間もイオン・プロダクションはドゥニ・ヴィルヌーヴなど複数の監督候補者の検討を続けているようです。

そこへクリストファー・ノーランが参上し、独自アイディアを披露。イオン側はこれを気に入ったようで、古い脚本を破棄する可能性があるとのこと。ノーランは『Bond 25』に何らかの形で関与し、『Bond 26』で監督として参加するかもしれないとのことで、基本的にイオンは様々な可能性を模索中の段階にあるそうです。

また『Bond 25』完成後には、プロデューサーのマイケル・G・ウィルソンが引退し、イオン・プロダクションが保有する007シリーズの権利を売り渡す可能性が高いことも指摘しています。

このRedditユーザーは、ヤン・ドマンジュが『Bond 25』監督候補者になっていることを、映画業界サイトが報じる1年前に指摘済み。自身は英国映画界とのコネクションがあることを示唆していますが、真偽の程は定かではありません。