トム・ハンクス 007映画の悪役を希望

The List(2018年1月23日付)が紹介している Time Out London の記事によると、トム・ハンクスが007映画の悪役を希望しているようです。

トム・ハンクスの最新作『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』は現在、米英で公開中。ハンクスは同作宣伝の一環として、Time Out とのインタビューに応じた模様です。

この中でハンクスは、007映画で悪役出演したいとコメント。実現すれば楽しいだろうとしながらも、これまで誰からも誘いがなかったと明かしました。そして自分が演じるのなら、ボンドを殺す機会がありながらも延々と話し続けて反撃されることがないようにしたい旨のジョークも語ったようです。

トム・ハンクスは過去にも同様のコメントを度々残しており、007映画出演は真剣に考えているのかもしれません。なお、ハンクスが主演したコメディ映画『独身SaYoNaRa! バチェラー・パーティー』(1984)では、冗談で彼が「ボンド。ジェームズ・ボンド」と台詞を言うシーンがあります。