ダニエル・クレイグ 英国アカデミー賞授賞式でプレゼンターを務める

第71回英国アカデミー賞の授賞式が2018年2月18日、ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで開催されました。ジェームズ・ボンド俳優ダニエル・クレイグは作品賞のプレゼンターとして参加、『スリー・ビルボード』が同賞を受賞しています。

ミス・マネーペニーとしてお馴染みのナオミ・ハリスはパトリック・スチュワートと共に監督賞のプレゼンターを務めました。受賞者はギレルモ・デル・トロで、『Bond 25』監督候補として話題になったドゥニ・ヴィルヌーヴ(『ブレードランナー 2049』)とクリストファー・ノーラン(『ダンケルク』)は同賞を逃しています。また、『007/慰めの報酬』のボンド・ガール、ジェマ・アータートンは新人賞のプレゼンターを務めました。

この他、イオン・プロダクションが制作した『Film Stars Don’t Die in Liverpool』は複数のカテゴリーでノミネートされていましたが、受賞には至りませんでした。

参照
BAFTA – YouTube
Screen
Radio Times