ダニー・ボイル 007次回作『Bond 25』監督を認める

Metro US(2018年3月14日付)によると、ダニー・ボイルは、自身が007シリーズ次回作『Bond 25』を監督すると認めたようです。

同サイトは3月14日、米ドラマ・シリーズ『Trust』の上映イベントに参加したダニー・ボイルにインタビュー。ボイルはリチャード・カーティス脚本の映画(仮題『All You Need Is Love』)を6、7週間後にはクランクインさせたいと語りました。そして、『Bond 25』は2018年末の撮影開始予定だとし、現在は両作に同時進行で取り掛かっている最中なのだそうです。

また、ダニー・ボイルは、ジョン・ホッジが『Bond 25』の脚本を執筆中であることも認め、ボイルとホッジは以前から温めていたアイディアを展開しているところのようです。


3/15 追記
ダニー・ボイルは、「全ては脚本の出来にかかっている」との意味深なコメントも残したようです。これまでに報じられている通り、ホッジの脚本がプロデューサーから承認されなければ、監督を降りる可能性があるのかもしれません。


3/16 追記
Variety(3月15日付)も、ダニー・ボイルが『Bond 25』脚本をホッジと共同作業中であることを当人から確認したようです。なお、ボイルは、撮影時期と場所の詳細はまだ分からないと答えた模様です。