DVD/ブルーレイを巡るMGM&FOXとユーザーの集団訴訟が和解に

JNDによると、MGMとFOXを相手取って起こされていた、映画007シリーズのDVD&ブルーレイに関する集団訴訟が和解することで合意に達しました。

この集団訴訟(クラス・アクション)は、米・ワシントン州に在住の女性が代表となり起こしていたもの。女性は007シリーズ製作50周年を記念して発売されたDVDボックス・セット『Bond 50』を購入。パッケージには「全てのボンド映画を史上初収録」との記載があり、シリーズ番外編であるパロディ版『007/カジノ・ロワイヤル』や『ネバーセイ・ネバーアゲイン』の鑑賞も楽しみにしていたようですが、購入後に両作ともボックス・セットの中に含まれないことが判明し、誤解を招くマーケティング手法だったと憤慨。MGMと米20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント社を相手に、集団訴訟に踏み切っていたようです。

集団訴訟の原告の一員となるのは、以下のDVDまたはブルーレイ・ボックス・セット(商品番号省略)を米国内で2018年1月31日以前に購入した場合に限られます。
「Bond 50: Celebrating Five Decades of Bond 007」
「The James Bond Collection」
「The Ultimate James Bond Collection」

対象者は期限内に申請すれば、和解案に基づき『007/カジノ・ロワイヤル』(1967)と『ネバーセイ・ネバーアゲイン』のデジタル・コピーが貰えるとのこと。詳細はJNDによる和解特設サイト「James Bond Box Set Settlement」に記されています。