ダニー・ボイル監督が『Bond 25』ボンド・ガールのキャスティングを進行中?

Redditで映画007シリーズ次回作『Bond 25』に関する興味深い噂が投稿されています。

まず、今夏に撮影を開始するリチャード・カーティス脚本によるワーキング・タイトル社制作の映画については、公開時期が未定とのことで、『Bond 25』を2019年に撮り終えてから、ダニー・ボイル監督が両作の編集を同時期に手がけるとのこと。『Bond 25』が先に公開される可能性があるようです。

ボイル監督は『Bond 25』の中心的な悪役に女性を登場させたい様子で、この役はジェームズ・ボンドと個人的な繋がりがあるとのこと。Aリスト女優を検討中で、既に複数の有名女優がボイルと面談したか、これから会う模様。

また、ボンドから指導を受ける若い女性のMI6エージェント役もあり、既にキャスティングが進行し内定している可能性もあるとのことです。

ジョン・ホッジは『Bond 25』脚本の草稿を書き上げており、同作では単独の脚本家となる模様。

以上の情報の信憑性は不明ですが、この投稿者は、英国映画業界と繋がりがあると自称している人物で、過去には『Bond 25』監督候補者として、ヤン・ドマンジュやデヴィッド・マッケンジーなどの名前を、ハリウッド業界情報サイトに先駆けて挙げていました。

なお、情報投稿日は英国時間の2018年3月31日となっています。