ダニー・ボイルが『Bond 25』監督に決定し配給はアンナプルナとワーナーが狙う? ソニーは再びMGMの買収を検討中か

The Hollywood Reporter(2018年4月4日付)は、MGMと映画007シリーズを取り巻く現状について伝えています。

007映画次回作でシリーズ第25弾となる『Bond 25』は、既にMGMが北米公開日を2019年11月8日と発表していますが、その配給会社は未定のまま。北米での配給はMGMと提携を結んだアンナプルナ・ピクチャーズが行う見通しとの有力報道が昨年からありましたが、複数の情報筋によると、そのような決定はしていないそうです。ただし、アンナプルナが今も同作配給を狙っていることに間違いはない模様。また、『Bond 25』の海外配給会社は、ワーナー・ブラザースが最有力候補と伝えられてきましたが、こちらも未決定とのこと。

配給会社の選定が遅れている原因として、MGMが自社の売却を検討しており、007映画は自社の売却価格を釣り上げる手段として使われていると考える事情通もあるようです。そして、ソニーはMGMの買収に再び興味を持っているとのこと。

なお、MGMのライブラリーからは毎年3億ドルの売上があり、007シリーズの権利だけで10億から30億ドルの価値があると見なされている模様です。

また、ダニー・ボイルの『Bond 25』監督就任は決定事項のようです。