『Bond 25』悪役候補にアンジェリーナ・ジョリー?

Reddit(2018年5月7日付)で、映画007シリーズ次回作『Bond 25』のキャスティングに関する新しい噂が投稿されています。

投稿者は過去に『Bond 25』監督候補としてヤン・ドマンジュの名をいち早く挙げるなどし、一部ファンの間で注目を浴びている人物。

これによると、『Bond 25』でのメインの悪役候補者はアンジェリーナ・ジョリー。ダニー・ボイル監督が彼女を希望し説得中で、ジョリー自身も興味を抱いているとのことです。

アンジェリーナ・ジョリーには、『007/カジノ・ロワイヤル』(2006)と『007/慰めの報酬』(2008)でボンド・ガールの誘いを断った過去があります。

また、『Bond 25』でボンドに鍛えられる後輩の女性エージェント役候補者には、ソフィー・ランドル、リリー・ジェームズ、エラ・パーネル、アントニア・トーマスら英国女優の名が。ボイル監督は役者経験がない新人の起用も視野に入れており、歌手のデュア・リパも候補者の一人とのことです。

『Bond 25』の作風は過去のダニエル・クレイグ作品よりも軽いタッチに。その一方で、クレイグ最終作に相応しく、映画『LOGAN/ローガン』を意識した筋書になるとの噂も囁かれているようです。