ダニー・ボイルが『Bond 25』の監督に 007シリーズで12人目の就任

Deadline(2018年5月24日付)などのメディアは、プロデューサーやスタジオ・トップらの声明を伝える形で、007シリーズ第25弾となる『Bond 25』の監督をダニー・ボイルが務めると報じました。

イギリス生まれのダニー・ボイルは007シリーズの監督として12人目の就任。過去の監督はほとんどが40歳代か50歳代で007シリーズに参加しており、現在61歳のボイルは最年長でのシリーズ初登場となります。また、12人の監督はいずれもイギリス人か英連邦・欧州の出身。ハリウッド資本で製作される映画でありながらも、アメリカ出身者を監督に起用しない伝統は、本作でも続くことになります。

『トレインスポッティング』(1996)、『ザ・ビーチ』(2000)、『28日後… 』(2002)などの監督で知られるダニー・ボイルは、『スラムドッグ$ミリオネア』(2008)でアカデミー監督賞を受賞。オスカー取得者の007シリーズ起用は、前任サム・メンデスに続き2人目です。

ボイルは2012年に開催されたロンドン・オリンピック開会式の演出を担当。会場で流された事前収録の映像には、ダニエル・クレイグがジェームズ・ボンド役で、エリザベス女王が本人役で登場。『007/私を愛したスパイ』のオープニングを思い起こさせる演出もあり、世界を沸かせました。ボイルはこの頃から温めていた「素晴らしいアイディア」を発展させて『Bond 25』のストーリーを構築。これがプロデューサーの評価を受け、本作での起用に結びついたようです。

『Bond 25』は2018年12月3日にクランクイン。英国公開が2019年10月25日、アメリカが11月8日の予定です。