『Bond 25』でジェームズ・ボンドがロンドンの高層マンション屋上に着地か

The Guardian(2018年6月8日付)によると、007シリーズ次回作『Bond 25』の撮影で、ロンドンのタワー・マンションが使われるかもしれません。

ロケ地となる可能性があるのは、ウエストエンド地区にある1966年竣工の高層ビル「Centre Point」。当初はオフィスとして利用されたようですが、改装でフロア数34階、全82戸の高級マンションへと生まれ変わりました。オーナーへの引き渡しは最近開始されたようで、ペントハウスの価格は5500万ポンド。

『Bond 25』のダニー・ボイル監督と関係者の間では、「Centre Point」での撮影について協議が進められている模様。ジェームズ・ボンドがパラシュートかヘリコプターで屋上に着地するとの筋書きも検討されているようです。