『Bond 25』スタント・コーディネーターにオリヴィエ・シュニーデル

Club James Bond France(2018年7月12日付)によると、007映画次回作『Bond 25』のスタント・コーディネーターに、フランスのオリヴィエ・シュニーデルが就任したようです。

オリヴィエ・シュニーデルはファイト・コレオグラファーとして『007/スペクター』に参加していました。今回のシュニーデルの昇格に伴い、ダニエル・クレイグ主演の007映画4作でスタント・コーディネーターを務めていたゲイリー・パウエルは、この役目から降りたようです。

以上の情報は、同クラブが『Bond 25』でアート・ディレクターを務めるニール・カロウから聞き出した模様です。そのカロウの話では、『Bond 25』の撮影地については、まだ多くの事柄が未決定の様子。また、脚本が描いているボンド・ガール像は、ダニエル・クレイグの妻で女優のレイチェル・ワイズにピッタリ合うとのことです。