英国俳優サム・ヒューアン ボンド役を希望

Inquirer.net(2018年7月22日付)によると、スコットランド出身の俳優サム・ヒューアンはジェームズ・ボンド役を演じたいようです。

TVシリーズ『アウトランダー』で人気を博したサム・ヒューアンは、最新映画のプロモーションに参加。同作のタイトルは、007シリーズ第10作『The Spy Who Loved Me』(『私を愛したスパイ』)を茶化したような『The Spy Who Dumped Me』(私をポイしたスパイ)。ジャンルはスパイ・コメディで、CIAエージェントの恋人に捨てられた主人公を演じるのはミラ・クニス、共演にケイト・マッキノンら。監督&脚本はスザンナ・フォーゲル。

同作で英国諜報部員を演じているヒューアンは、最も興奮した出演場面を尋ねられると、タキシード姿でベルリンの美術館の屋上に立つシーンを挙げ、ボンドのような気がしたとコメント。ずっとジェームズ・ボンドをやりたいと思っていたのだそうで、歴代ボンド俳優の中ではティモシー・ダルトンが一番のお気に入りのようです。

『The Spy Who Dumped Me』の第2班監督とスタント・コーディネーターは、007シリーズ常連のゲイリー・パウエルが担当。ライオンズゲート配給で8月3日から全米公開されます。