ヤン・ドマンジュが『Bond 25』監督レースを離脱か

The Hollywood Reporter(2018年9月8日付)によると、ヤン・ドマンジュはケン・ローチ監督映画をリメイクするようです。

このプランはドマンジュ自身が同誌へ直接語ったもの。作品名は明かさなかったようですが、舞台をイギリスからアメリカへ移し、制作はヨーロッパ、アメリカのキャストになるとのこと。

撮影時期も不明ですが、今現在はこの映画の制作に向け注力しているそうです。

ヤン・ドマンジュは『Bond 25』監督の最有力候補として2017年に報道。結局は、ダニー・ボイルが監督に就任しましたが、今年8月に電撃降板。ドマンジュの名が新監督候補者として再び挙がっていました。

撮影スケジュールにもよりますが、新しい映画を抱えたドマンジュの『Bond 25』監督就任の可能性は、低くなったと言えるかもしれません。