レア・セドゥ 『Bond 25』出演を希望

Yahoo Movies UK(2018年9月11日付)によると、レア・セドゥが007次回作『Bond 25』の出演を願っているようです。

レア・セドゥは『007/スペクター』(2015)でメインのボンド・ガール、マドレーヌ・スワンを演じました。

そのセドゥは最新作『Kursk』が上映されたトロント国際映画祭に出席。同サイトとのインタビューに応じ、007映画の出演は素晴らしい体験とコメント。続投したいが、希望が叶うのかいずれ分かる旨も語ったようです。

これを受けて、『Kursk』の監督トマス・ヴィンターベアも、007映画の監督への熱意を示した模様です。

映画『Kursk』は2000年に発生した、ロシアの原子力潜水艦「クルスク」の沈没事故を描いています。主演はマティアス・スーナールツ。ほかにコリン・ファースや『ネバーセイ・ネバーアゲイン』(1983)のブロフェルド役で知られるマックス・フォン・シドーも出演。フランスで2018年11月7日公開予定。