サイード・タグマウイが『Bond 25』悪役候補を否定

Morocco World News(2018年9月12日付)によると、サイード・タグマウイが『Bond 25』でメインの悪役候補になっているとの報道は「フェイク・ニュース」なのだそうです。

UAEのニュース・サイトThe Nationalは9月9日、サイード・タグマウイがダニー・ボイル監督によって悪役にキャスティングされたものの、ボイル降板で先行き不透明になっている旨を伝えていました。その後、タグマウイ本人がMorocco World Newsに連絡し、「これはフェイク・ニュースだ」と報道を否定したようです。

しかし、事実のキャスティング情報をうっかり喋ってしまったタグマウイが騒ぎの火消しに回っているのか、「フェイク・ニュース」の指摘が正しいのかは不明です。