『Bond 25』新監督は日系米国人キャリー・ジョージ・フクナガ

映画007シリーズ公式Twitterは2018年9月20日、シリーズ次回作『Bond 25』の新監督にキャリー・ジョージ・フクナガが就任したと発表しました。

撮影はロンドン郊外のパインウッド・スタジオにて2019年3月4日開始。世界公開日は2020年2月14日です。今年5月の発表では、撮影開始日が2018年12月3日、英国公開日2019年10月25日、北米が同年11月8日となっていましたが、ダニー・ボイル監督の電撃辞任を受けて、スケジュールが3ヶ月ほど先送りされた形になります。

キャリー・ジョージ・フクナガは映画007シリーズの監督として12人目の就任(辞任したダニー・ボイル除く)。007シリーズでアメリカ生まれのアメリカ人が監督に就任するのは、56年の歴史上初めてとなります。また、日系人としても初。1970年代以降の生まれで007映画の監督に就任するのも初です。