レイフ・ファインズ 『キングスマン』前日譚に出演へ

Baz Bamigboye氏のツイート(2018年9月27日付)によると、007シリーズのM役で知られるレイフ・ファインズは、映画『キングスマン』シリーズの第3作に出演するようです。

第1作と第2作はゲイリー・“エグジー”・アンウィン(タロン・エガートン)とハリー・ハート(コリン・ファース)の二人を中心に添える物語でしたが、第1次世界大戦が舞台となるタイトル未定の第3作では、イギリスの若手俳優ハリス・ディキンソンとレイフ・ファインズが新たに登場、第1作のプリクエルになる模様です。

プリクエルの監督にはマシュー・ヴォーンが続投。2019年初めに撮影開始予定で、北米公開日は2019年11月8日。当初、この日は『Bond 25』公開日として設定されていましたが、ダニー・ボイル監督降板を受けて同作は2020年2月公開へと延期された為、急遽その空いた枠を押さえたようです。

なお、『007/スカイフォール』(2012)と『007/スペクター』(2015)でMを務めたレイフ・ファインズが『Bond 25』にも出演するかは現時点で不明。これまでに明らかとなっている同作の配役は、ジェームズ・ボンドを演じるダニエル・クレイグのみです。


9/28追記
Daily Mail Online(9月28日付)に掲載された同氏の記事によると、このプリクエルではスパイ組織「キングスマン」の起源が描かれ、レイフ・ファインズは主人公を務める模様。また、「キングスマン」は英国陸軍における階級としての意味も持たされるようです。