マイケル・ジャクソン ジェームズ・ボンドになりたかった

The Sunday Times(2018年9月23日付)は、ハリウッドの敏腕エージェントだったマイケル・オーヴィッツ氏とのインタビューを掲載しています。

マイケル・オーヴィッツ氏はウィリアム・モリス・エージェンシーでタレント・エージェントとして活躍。同社を去った後は、クリエイティブ・アーティスツ・エージェンシー(CAA)を創設、ハリウッドの名だたる俳優や監督らのエージェントを務めました。

かつてはマイケル・ジャクソンもオーヴィッツ氏のクライアントの一人。ミュージカル映画『ウィズ』(1978)に出演し気を良くしたジャクソンはある日、自宅で開いたミーティングでオーヴィッツ氏に対し、「ジェームズ・ボンドを演じたい」との希望を伝えたのだとか。

しかし、ジャクソンのキャリアが台無しになると考えたオーヴィッツ氏は、諦めるようにやんわりと諭したそうです。

この話は、タイミング的にはロジャー・ムーアの『007/私を愛したスパイ』(1977)が公開された後の出来事のようですが、マイケル・ジャクソンが本気でボンド役を考えていたのか、007風のアクション・ヒーローを目指していたのかは、はっきりしません。

マイケル・オーヴィッツ氏は007シリーズを引退後のショーン・コネリーも担当、007後のキャリア形成に多大な影響を与えたようで、詳細は9月に出版された回顧録『Who Is Michael Ovitz?』に記されています。