レイフ・ファインズ 2018年東京国際映画祭に参加へ

英国俳優レイフ・ファインズが第31回東京国際映画祭に参加する予定です。

ファインズが出演し監督も手がけた映画『The White Crow』(ホワイト・クロウ)の上映イベントに合わせるもので、その日時は2018年10月27日(土)の20時40分から。Q&Aが予定されており、会場はEXシアター六本木。映画祭公式サイトでチケットが発売されています(本記事執筆時点で「残りわずか」)。

同作はバレエ・ダンサー、ルドルフ・ヌレエフの伝記映画で1950年代のソ連が舞台。主な出演者はオレグ・イヴェンコ、アデル・エグザルホプロス、ラファエル・ペルソナ。ファインズは過去にロシア映画への出演でロシア語を身につけたらしく、同国への造詣が深いようです。

レイフ・ファインズは『007/スカイフォール』(2012)と『007/スペクター』(2015)でMI6のトップ、「M」を演じましたが、2020年公開予定の次回作『Bond 25』に出演するかは不明。東京のQ&Aでその質疑があるのかもしれません。

なお、ファインズは『キングスマン』シリーズ第3作への出演が決定している模様です。