メキシコシティで3年目の「死者の日」パレードが開催

メキシコシティで2018年10月27日、「死者の日」パレードが開催されました。

このパレードは、メキシコシティが舞台となった『007/スペクター』(2015)のプレタイトル・シークエンスから着想を得たもの。「死者の日」そのものは古くからメキシコ各地で祝われている、死者に想いを馳せる祭りですが、この映画が作られるまで「死者の日」パレードは同市で行われていませんでした。しかし、映画公開の翌年から観光客の集客を目的とし、政府や市当局が主導して新たなイベントとして開催が始まりました。

今年が3年目となったパレードは午後4時頃にスタート。小雨も降るあいにくの天気でしたが、「死者の日」コスチューム姿の人々が目抜き通りのレフォルマ通りを練り歩き、約2時間半後には先陣が『007/スペクター』でヘリコプターの着地シーンが撮影されたソカロへ到着。7時頃には終了したようです。

市当局の発表によると、この日、パレードの沿道には約150万人の見物客が集まったとのことです。

参照
Excelsior
Milenio
El Universal