キャリー・フクナガ監督 最初に観た007映画は『007/美しき獲物たち』

IndieWire(2018年10月29日付)は、『Bond 25』の新監督、キャリー・フクナガとのインタビューを掲載しています。

「IndieWire Honors」の受賞が決まったフクナガ監督。これまでは勉強の為、敢えて色々なジャンルの映画に挑戦してきたそうですが、いずれは自分の得意とする分野にある程度絞って極めたいと考えているようです。

フクナガ監督が最初に観た007映画はロジャー・ムーア最終出演作『007/美しき獲物たち』(1985)とのこと。007の模倣映画や、それらを真似た映画が長期に渡って大量に製作されているとも指摘。本元である007映画を監督できることは、エキサイティングだと語っています。


10/30 訂正:「一番好きなボンド俳優」の記述を削除しました。