クリストファー・マッカリー 『Bond 26』の監督を希望

Yahoo Movies UK(2018年11月19日付)によると、ダニー・ボイルが『Bond 25』の監督を降板した直後に新監督候補の一人として噂されていたクリストファー・マッカリーが、『Bond 26』の監督を希望しているようです。

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』とその続編『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』の監督としても知られるマッカリーは、『フォールアウト』のDVD&ブルーレイ発売のプロモーションで同サイトとのインタビューに応じました。

この中でマッカリー監督は、ダニエル・クレイグのボンド・デビュー作『007/カジノ・ロワイヤル』(2006)やピアース・ブロスナンのボンド就任作品『007/ゴールデンアイ』(1995)などの例を挙げ、ボンド俳優の代替わりなど、シリーズに大きな変革が訪れる機会を狙って監督をやりたい旨を語ったようです。

クレイグは次回作『Bond 25』でボンド役から退く意向を既に示しており、『Bond 26』では新ボンド俳優が就任する可能性が高いとみられています。マッカリーは、ブロスナン=ボンドのファンなのだそうで、もし『Bond 26』を監督できるのならば、ブロスナン時代の007作品のような、軽めのトーンを蘇らせたいそうです。

マッカリー監督は、007シリーズの作品ごとの時間の繋がりが緩やかになっている点を高評価。敵の種類も様々で臨機応変、新ボンドの登場によって刷新されることが気に入っているようです。