007映画等に関する米国人対象のアンケート調査結果が公開に

Morning ConsultとThe Hollywood Reporterは2018年11月20日、アメリカ人に対して共同実施した映画のアンケート調査結果を発表しました。調査はオンラインで期間は11月8日から11日。サンプル数は成人2,201人。

全設問数は184点、うち69点が007映画に関する設問です。

「007シリーズの映画を観たことがありますか?」でイエスと答えたのは74%(他のシリーズ物では『バットマン』が76%、『スター・ウォーズ』は75%、『スーパーマン』と『スパイダーマン』が73%、『ハリー・ポッター』が67%、『トランスフォーマー』が62%、『ミッション・インポッシブル』が66%、『X-MEN』が59%など)。

「007シリーズの次回作を観たいと思いますか?」で観る予定だと答えたのは60%。ボンド俳優に好印象を抱いている割合は、ショーン・コネリーが82%、ジョージ・レーゼンビーが29%、ロジャー・ムーアが74%、ティモシー・ダルトンが49%、ピアース・ブロスナンが81%、ダニエル・クレイグが71%となっています。

「将来の007シリーズでブラック・ボンドの登場を支持しますか?」には52%が支持すると答えていますが、同種の設問「イドリス・エルバのボンド役を支持しますか?」では「ブラック・ボンド」を上回り63%が支持。アジア系ボンドの支持者は37%、女性ボンドは37%、ゲイのボンドは28%、アメリカ人ボンドは57%でした。

007シリーズの今後への要望を伺う設問で、時代に応じた変革とキャストの多様性を求める声は34%。このまま変えないで欲しいとの声は51%に登っています。他、007シリーズの作品毎に、鑑賞経験や印象を尋ねる設問もあります。

それぞれの設問に対する回答者の答えは、属性の内容別によって集計されており、性別、年代、支持政党、思想、学歴、年収、人種、宗教、居住地方、職業、トランプ大統領への支持・不支持、社会問題の関心事、大統領選で投票した候補者、テレビ視聴の頻度、映画鑑賞の頻度、などに細分化されています。

例として、「ブラック・ボンド」の設問で賛成したのは、支持政党別では民主党支持者が65%に対し、共和党支持者では39%に留まっています。人種別の賛成者は、白人が48%、アフリカ系が74%。

「女性ボンド」に賛成したのは、男性で38%、女性が35%。年齢層では、18歳から29歳の47%が賛成、65歳以上は29%が賛成となっています。

アンケート結果(PDF)は下記のウェブサイトで公開されています。

Morning Consult(詳細版)
The Hollywood Reporter(簡易版)