『Bond 25』はノルウェーでロケ撮影か

ノルウェー紙Dagsavisen(2018年12月4日付)によると、『Bond 25』のロケがノルウェーで行われることになりそうです。

同国の映画機関Norsk filminstituttは、11月が締め切りの、映画・テレビ撮影のインセンティブ・スキームに応募した11社とその作品リストを公開。この中にはタイトル『B25』と、同名の制作会社が含まれているとのこと。「B25」とはイオン・プロダクションが『Bond 25』制作の為、2015年に設立したペーパー・カンパニー。

また、首都オスロのフィルム・コミッションは同紙に対し、ノルウェーでの撮影を希望している007映画の担当者と連絡を取っていることを認めたようです。

イオンは既に、ノルウェー東部・西部・北部・中央部など、様々な地域を調べて検討に入っている模様。フィルム・コミッション側は、この待遇がなければ、007映画は他国で撮影されることになっていただろう、と語ったようです。

ノルウェーでは政府のバックアップにより、同国で撮影される海外プロダクションの作品に対し、現地撮影費用の最高25%が還元されるインセンティブ・スキームを組んでいます。

なお、『Bond 25』のロケハンがノルウェーで実施されたことは、2017年10月にも報道されていました。その際は、プレタイトル・シークエンス向けのアクション・シーン撮影が検討されていたようです。